印刷の注意点について

ふせん紙に印刷する場合は、いくつかの注意点がございます。下記をご確認の上、オリジナルデザインを決定して下さい。
データご入行後、意図通りに印刷出来るかどうかのチェックを弊社で行いますが、印刷データに関して全てチェックできませんので、データ制作の段階からを気をつけくださいませ。

太文字や小さい文字使用の注意点

ふせん紙部分の印刷で太文字や小さい文字を使用すると
■画面上では下記のようになります。

画面サンプル

■上記を実際に印刷すると下記のようになります。

ニジミ印刷サンプル

ふせん部分に印刷した際にニジミなどにより白抜きの部分が潰れてしまうことがありますのでご了承下さい。

■文字の潰れ防止には、一段階細い書体をお勧めいたします。

細い文字サンプル

アミ点について

アミ点について グラデーションチャート

■ふせん部分に薄く印刷したい場合はアミ点を利用し、表現します。 ■上記図はKについて表現しておりますが、カラー1色の場合も同様のグラデーションとなります。

お客様のPCモニターや出力の環境により仕上がりのイメージに誤差が生じる場合がございますので、こちらをご了承いただいた上でご注文くださいますよう宜しくお願いいたします。

全面ベタ、アミ印刷について

全面ベタ印刷は出来ません。
ふせん部分の1色印刷では印刷可能範囲への全面ベタ、アミは印刷は出来ませんのでご注意下さい。全面印刷をされたい場合はフルカラー印刷でご対応いたします。

全面印刷をした場合、摩擦によりふせん紙裏面が汚れる場合がございます。ご承知の上、ご入稿くださいますようお願い致します。
ふせん紙印刷範囲
「印刷範囲について」ページに先のような印刷可能範囲が表示されておりますのでよくご確認いただいてからデータの制作をを願いいたします。
印刷可能範囲が分かりやすく解説してあります各種テンプレートをご利用下さい。

推奨保存形式について

Adobe Illustrator

フォントは全てアウトライン化し、画像はリンクにしないで、埋め込みでお願い致します。

■フルカラーの場合
全てCMYKにし、特色(スポットカラー)を使用しないで下さい。
使用されている場合、弊社にてCMYKに変換することになりますが、そのときに本来の特色と色が変わることをご了承下さい。

■1色刷りの場合
印刷刷色が1色で特色(当社基本色や指定色)の場合でも、データでは「K(黒)」で作成してください。
※C・M・Yはご使用にならないで下さい。

K100%

ご入稿データについて

■入稿データの圧縮
作成したデータを直接入稿しますと、通信環境によってデータが壊れる場合がございますので、より安全に入稿していただくために、データを圧縮して入稿するようお願い致します。
よく使われる圧縮形式として、MacintoshであればStuffit形式、WindowsであればLZH形式やZIP形式が広く使われております。
体表的な圧縮ソフトには、Stuffit形式なら「DropStuff」(シェアウェア)、LZH形式やZIP形式ならば「+Lhaca」「Lhaplus」(フリーウェア)などがあります。

■確認用のPDFの添付をお忘れなく
入稿時には、データだけでなく、確認用PDFもしくは画像も一緒にご入稿ください。
先述の圧縮を行う際に必要な全てのデータを一つのフォルダに入れ、フォルダごと圧縮をかけるようお願い致します。